2010年01月29日

一時金“持ち逃げ”全員特定 派遣村入所を厳格化 都が国に緊急要望へ(産経新聞)

 今月18日に閉鎖した「公設派遣村」で110人を超える強制退所処分者が出た問題で、都が分析した入所者データを基に、国に対し来冬以降の開設にあたり、入所条件の厳格化などを緊急要望する方針を固めたことが25日、分かった。2月初旬にも要望を提出する。

 都は、派遣切りなどで失業した本来の対象者と、一時金目的など悪質な入所者を選別したい考え。要望の中身は(1)今回、入所申請時までだったハローワークでの求職登録を、入所申請の数カ月前までに求職登録を済ませ就労活動に従事している人に限定(2)東京への一極流入を避けるため、都内での生活実態を精査した上で、周辺の県などでも公設派遣村の同時実施を行うよう要望する−など。

 このほか、現在、区市町村が窓口となっている住宅手当についてハローワークで行えるよう一元化することなど、第2のセーフティーネットの改善を求める。

 一方、都は一時金を“持ち逃げ”した111人についてほぼ全員を特定、うち携帯電話などで連絡がつく4割程度に直接、返金を求めるほか、残る人についても受給が決まった生活保護費などから天引きする方針という。

【関連記事】
本当に“派遣村”なの? 存在意義めぐり議論
派遣村で国に皮肉 「お気の毒」で済むのか
“延長派遣村”での就職決定は15人 都は退所者の追跡調査へ
派遣村 入所者の4分の3が生活保護など
派遣村 111人を強制退所 “村営費”は1億5000万円に拡大

石川遼選手、今年もe−Tax=劇団四季「キャッツ」も模擬体験(時事通信)
小沢氏聴取 自民、一気に攻勢 「理解不能」(産経新聞)
鳩山首相「日米中、正三角形ではない」(産経新聞)
降圧剤を誤投与、80歳代患者死亡…愛媛(読売新聞)
衆院選訴訟で違憲判決=1人別枠方式「格差助長」−無効請求は退ける・広島高裁(時事通信)
posted by ヤマウラ ショウイチ at 00:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。