2010年04月06日

医療政策の転換が必要―医療ツーリズムで開原氏(医療介護CBニュース)

 政府の観光立国推進本部(本部長=前原誠司国土交通相)の「観光連携コンソーシアム」(座長=辻元清美国土交通副大臣)は3月30日の会合で、医療ツーリズムについて国際医療福祉大副学長の開原成允氏からヒアリングした。開原氏は、医療ツーリズムを進めるためには医療圏ごとの病床規制の再検討など、医療政策の転換が必要との見解を示した。

 開原氏はヒアリングで、医療ツーリズムを進める上での問題点として、日本では人口に応じて医療圏ごとに基準病床数が定められており、海外から外国人を受け入れようとしても自由に増床できないと説明。「これを変えてないと、本当の意味での医療ツーリズムは成立しないのではないか」と述べた。

 また、観光ビザでは滞在期間に制限があるため、ゆっくりと治療を受けることが難しいと指摘。これを解決するため、韓国では医療ビザを新設したことを紹介し、日本でも省庁を超えた検討が必要との認識を示した。


【関連記事】
メディカルツーリズムで「医療ビザ」の発行を
国際競争力高め、医療ツーリズム推進を―観光庁研究会
長妻厚労相、メディカルツーリズム推進は「重要」
医療・介護ビジネスを将来の戦略分野に―産業競争力部会が初会合
国内初のJCI認証取得でメディカルツーリズムは広がるか

<掘り出しニュース>ジェフリーさん、宮本常一の「忘れられた日本人」を米国で出版(毎日新聞)
ミクシィに「ブッ殺します」宅八郎氏、起訴猶予(読売新聞)
中国の死刑執行通告で首相「大変残念だ」(読売新聞)
消防長が公務中、女性に私用メール…災害情報も(読売新聞)
子ども手当は「不要」=自民、民主政策を逆仕分け(時事通信)
posted by ヤマウラ ショウイチ at 22:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。