2010年02月05日

「人がトラックにひかれ転がり…」衝立越しで語られる生々しい証言(産経新聞)

【法廷ライブ 秋葉原17人殺傷 第3回公判】(3)11:10〜11:25

 《約15分の休廷を挟み、午前11時10分から再び開廷した法廷には、高さ約180センチの灰色の衝立が置かれ、証人席は見えない。裁判長に入廷を告げられて黒いスーツに身を包んだ加藤智大(ともひろ)被告(27)が左の扉から入り、続いて、秋葉原無差別殺傷事件を目撃した証人が向かって右側の扉から入る》

  〔フォト〕友人とカラオケに興じる加藤智大被告

 《証人の姿は一切見えないが、宣誓を読み上げる声から若い男性が遮蔽(しゃへい)の向こう側にいることが分かる。検察官による証人尋問が始まった》

 検察官「平成20年6月8日に起きた秋葉原での殺人事件の目撃者ですね?」

 証人「はい」

 検察官「証人はこの日、なぜ、秋葉原に来ていたのですか」

 証人「テニスサークルで使うテニスのガットを張るために来ていました」

 検察官「1人で来ていたのですか」

 証人「サークルの友達と一緒でした」

 検察官「当時、どこにいましたか」

 証人「マクドナルドの反対側の道路にいました」

 検察官「この地図に、いた場所を書き込んでもらえますか。○印をつけてください」

 《衝立の向こう側で、検察官が事件現場の地図を証人に示しているようだ》

 証人「はい…」

 検察官「マクドナルドの位置も書いてください」

 証人「はい」

 《検察官と証人のやりとりに、村山浩昭裁判長が「書き込んだら、こちらに見せてください」と告げた。一方、加藤被告も手元にあるノートに何かを書き込んでいるかのようにペンを走らせていた》

 検察官「では、何を目撃したかを聞いていきます。最初に何があったのですか」

 証人「『ガシャン』という音が聞こえ、その方向に振り向きました」

 検察官「どこから聞こえましたか」

 証人「交差点の方です」

 検察官「どんな光景が見えましたか」

 証人「トラックが猛スピードで走り、2、3人がはねられていました」

 検察官「トラックはどの方向からどの方向に走っていましたか」

 証人「西から東です」

 《検察官は証人に、地図上にトラックの走行する方向と位置を書き込むよう促す。証人が書き込んだ印は法廷の両脇にある大型モニターに映し出された》

 検察官「2、3人がはねられた状況を詳しく聞かせてください」

 証人「トラックの北側と南側に一人ずつはね飛ばされているのが、影のようにみえました」

 検察官「影のように、ですか」

 証人「はい。一瞬の出来事で、影のように見えました」

 検察官「それが人だと分かりましたか」

 証人「はい」

 《検察官は、はね飛ばされた人の位置を地図上に書き込むよう証人に促した。A、Bの記号で書くように言われた証人は、ペンで書き込む。その状況が大型モニターで映し出された》

 検察官「この2人以外に、トラックにひかれた人はいましたか」

 証人「はい」

 検察官「その人はどのようにひかれましたか」

 証人「右前輪にひかれ、車の下にいました。うつぶせで上半身が見えました」

 検察官「下半身は?」

 証人「黒かったような…」

 検察官「その人の体はどうなっていましたか」

 証人「前輪でひかれ、体をくるくるさせながら、引きずられていました」

 検察官「トラックはおかしな動きをしていませんでしたか」

 証人「バウンドしたように走っていました」

 検察官「なぜ、そう見えたのですか」

 証人「人が後輪でひかれた際に、トラックがバウンドしたように見えました」

 検察官「スピードはどうでしたか」

 証人「40〜50キロぐらいだったと思います」

 検察官「ブレーキをかける様子はありましたか」

 証人「一切無かったです」

 検察官「車輪にひかれた人はどうなっていましたか」

 証人「うつぶせになったまま、ぷつりとも動かなかったです」

 《加藤被告は前方にいる検察官と手元のノートに交互に視線をやりながら、手に持ったペンで何かを書き込んでいるようだ》

 検察官「ひかれた人はどんな格好でしたか」

 証人「グレーの上着にジーンズをはいていたようなイメージです」

 検察官「男性ですか?女性ですか?」

 証人「男性でした」

 検察官「年齢は?」

 証人「自分と同じぐらいで…。20歳ぐらいに見えました」

 検察官「その人は動いていない様子でしたか」

 証人「はい」

 検察官「その時、どう思いましたか」

 証人「初めて見た光景で、少し気分が悪くなりました」

 検察官「その人はどうなったと思いましたか」

 証人「お亡くなりになったと思いました」

 《淡々と説明する男性の証人。その口からは凄惨(せいさん)な現場の状況が浮かび上がり、法廷は静まりかえっていた》

 =(4)に続く

【関連記事】
(2)明かされる遺体や傷の状況… うつろな瞳で聞き入る被告 秋葉原17人殺傷 第3回公判
証人尋問で遮蔽措置「気分悪くなった」 秋葉原殺傷公判
証人を遮蔽、けがの状況生々しく 秋葉原殺傷第3回公判
秋葉原殺傷事件 引きずる影、薄れる記憶
■特集:法廷ライブ「秋葉原17人殺傷 第3回公判」

糖尿病根本治療に道 膵島移植の拒絶反応解明 福岡大・理研(産経新聞)
<インフルエンザ>患者は8週間ぶりに増加(毎日新聞)
NZ機、離陸中断で急ブレーキ=空港一時閉鎖、けが人なし−成田(時事通信)
小沢氏の進退「本人が判断すること」…首相(読売新聞)
【いま、語る関西人国記】梅南鋼材社長 堂上勝己さん(57)(2)(産経新聞)
posted by ヤマウラ ショウイチ at 15:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

隠し金?豪雨被災「萩往還」から銅銭ザクザク(読売新聞)

 昨年7月の集中豪雨で被災した山口市上天花町の国指定史跡「萩往還」の復旧工事現場から、江戸時代の通貨「寛永通宝(かんえいつうほう)」など銅銭316枚が見つかった。

 山口市教委は「当時の往還のにぎわいを知ることができる貴重な資料。復興のシンボルになれば」と話している。

 市教委文化財保護課によると、発見されたのは、わらのひもを通した束になった「銭さし」の計76枚のほか、寛永通宝235枚、7世紀以降の中国産の銅銭5枚。豪雨によって崩壊した路肩の整地作業を行っていた市内の造園会社の作業員が昨年11月8日、地下1メートル付近の土中から見つけ、市教委に報告した。

 同課では、現場が山あいで周辺に人家や寺社跡がないことなどから、備蓄目的や儀式用だった可能性は低く、萩往還の通行人が落としたか、一時的に隠したものではないかとみている。

 調査した同課の佐藤力主査は「史跡が被害を受けたことは残念だが、結果として銅銭が見つかった。どんな人が落としたのか想像するのも興味深い」と話している。

 市教委は3月16日〜5月9日、同市歴史民俗資料館で出土した銅銭を展示する。入館料は小中学生50円、高校生以上100円。原則毎週月曜は休館。

寛仁親王殿下がご退院 不整脈で転院 宮内庁(産経新聞)
天皇、皇后両陛下 メキシコ大統領夫妻と会見(毎日新聞)
女子中学生に裸画像送らせる 学校に送信も 児童ポルノ容疑で会社員逮捕(産経新聞)
歳入庁創設に前向き=「組織改廃は当然」−平野官房長官(時事通信)
拳銃強盗容疑、会社員2人逮捕=07年、現金190万円奪う−長崎(時事通信)
posted by ヤマウラ ショウイチ at 03:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。